全日本婦人子供服工業組合連合会とは

住所〒101-0024
東京都千代田区神田和泉町1-1-12
ミツバビル2F
TEL03-3866-8920(代)
FAX03-3866-9009
英文名称Japan Women’s and Children’s Wear
Manufacturers’ Association
(英文略称:JWCA)
代表者理事長 伏見 二彦
事務局事務局長 神谷正明

目的

全日本婦人子供服工業組合連合会の目的

全日本婦人子供服工業組合連合会は、婦人子供服 (和装製品を除く) 製造業者によって結成された工業組合、協同組合の連合組織として、全国的にさまざまな事業を行っています。

当連合会の大きな目的は、婦人子供服中小製造業者の発展のために、経営の安定及び合理化を図ることにあります。

具体的には、会員たる工業組合、協同組合の事業についての指導及び連絡、婦人子供服 の製造業に関する指導及び教育、情報又は資料の収集及び提供、調査研究などを行っています。

沿革

昭和44年5月全日本婦人子供乳児服組合連合会設立。
東京、大阪、名古屋、岐阜の 4地区参加で、任意団体として設立。
昭和47年5月全日本婦人子供服工業組合連合会設立。
中小企業団体法の組織に関する法律第42号第一項の規定に基づく団体として通産大臣より正式に認可された。
東京、大阪、名古屋、岐阜、京都、新潟、広島の 7地区団体。
昭和56年「第1回ジャパン・ファッション・フェア開催」
ニューヨーク、ウォードルフ・アストリア・ホテルで開催。
以後、3年にわたりニューヨークで開催した後、61年には香港で開催。
平成6年旧AIU保険会社と製造物責任法(PL保険)と提携し、PL保険制度事業を発足、運営。
平成9年独自のIDコード付与事業を導入、運営。
IDコード事業と同時に導入した「苦情処理窓口」では、毎年7,000件前後の処理を行っている。
平成14年「アパレルソリューションフェア」を開催。
平成24年ECサイト「アパレルマッチングサイト」を開発・運営。

組織と事業計画

名称 事業内容
経営・取引委員会
  1. 取引慣行改善と取引適正化の促進
  2. エコ・リサイクル事業の促進
  3. 少子化対策への取り組み
  4. PL 共催事業の促進
  5. ID コード付与管理業務事業の促進
技術委員会
  1. クレーム処理及び品質管理業務の促進
  2. 製品安全確保と品質向上事業の促進
  3. 衣料品サイズの普及と表示の徹底促進
  4. 家庭用品品質表示の普及、啓蒙活動の促進
  5. パタンナーの国家検定事業への協力
初歩システム委員会
  1. サプライ・チェーン・マネジメント (SCM) 事業の促進
  2. JAN コード付番管理システム普及事業の促進
  3. アパレル CAD データ互換システムフォローアップ事業の促進
  4. 05 アパレル・ソリューション・フェアの開催
  5. IT 導入支援事業の促進
広報委員会 行政施行等の情報提供

役員

役職 氏名 所属組合 所属組合
役職
会社名 会社役職
理事長 伏見二彦 岐阜 組合 理事長 (株)フシミ 代表取締役社長
副理事長 辻村隆幸 名古屋 組合 理事長 クロスプラス(株) 相談役
廣田孝昭 岐阜 組合 副理事長 ヒロタ(株) 代表取締役社長
理事 小玉元章 名古屋 組合 副理事長 丹羽幸(株) 取締役会長
岡本智 名古屋 組合 副理事長 タキヒヨー(株) 取締役専務執行役員
桑原誉朗 名古屋 組合 副理事長 万兵(株) 専務取締役
神谷春男 岐阜 組合 副理事長 (株)システィーヌファッション 代表取締役社長
各務裕一 岐阜 組合 副理事長 (株)ブルージュ 代表取締役社長
佐藤守弘 岐阜 組合 副理事長 (株)サトウドレス 代表取締役社長
監事 川島弘司 岐阜 組合 会計理事 川島洋行 代表取締役社長

構成団体

団体名 役職 氏名 所在地・TEL/FAX
名古屋婦人子供服
工業組合(NWCA)
理事長 辻村隆幸 〒460-0003
名古屋市中区錦 1-8-18
錦ハーモニービル 4F
052-203-0201 / 052-203-0202
事務局長 神谷正明
岐阜婦人子供服
工業組合(GWCA)
理事長 伏見二彦 〒500-8842
岐阜市金町 8-28
桜繊維街 2F
058-264-6688 / 058-267-6001
専務理事 近藤勝重

全日本婦人子供服工業組合連合会
タイトルとURLをコピーしました